手数料を支払うタイミング

不動産の仲介手数料には上限がある

不動産の仲介手数料には上限がある 不動産会社にマイホームや土地などの売却を依頼する時、中古一戸建てや中古マンションを購入する時、アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる場合は、仲介手数料と呼ぶお金を仲介業者でもある不動産会社に支払う必要があります。
この手数料は業者のマージンになる費用ですが、上限が定められているのが特徴です。これは宅地建物取引業法により上限が決められているため、決められている金額を超えた手数料を受け取ると法令違反になります。
ちなみに、売買契約においては販売価格の3%と6万円を加算した金額に、消費税を加えた金額を支払う事になりますが、支払うタイミングは売買契約の成立時に全額支払う事も可能です。
但し、売買契約締結時は、引き渡しまで完了していないケースが多いため、契約締結時に手数料の50%、引き渡し完了時に残りの50%を支払うのが良いと言われています。
尚、不動産会社に支払う仲介手数料は売買代金の金額区分毎に上限が定められています。

不動産の仲介手数料を支払うタイミング

不動産の仲介手数料を支払うタイミング 不動産を売却する時、ほとんどの場合に不動産会社に仲介を依頼するでしょう。仲介手数料は、「売却価格の3%+6万円」が上限となっています。消費税もプラスされるので、3,000万円の物件なら104万円くらいの仲介手数料がかかります。
この仲介手数料を支払うタイミングとしては、売買契約の締結時に半分を支払い、もう半分は買主から実際にお金が振り込まれたタイミングで支払うというようになっていることが多いです。
しかし、不動産会社によっては、契約の締結時に全額を支払うというようになっていることもありますので、確認をしておきましょう。
買主から指定口座にお金が振り込まれたタイミングでならば、問題なくお金を準備できるはずですが、契約の締結時にはまだお金がないということもあるでしょう。そのような場合には、業者に相談をしておきましょう。
もしも住宅ローンの審査に通らなかったなどの事情で契約が取り消されると、当然お金は戻ってきますが、その取り扱いについても確認をしておきましょう。